恋愛課外授業「夜の悩み」

温泉旅館や露天風呂でセックスはOK?カップルの温泉旅行の楽しみ方とマナーとは

公開日: 2021/04/12  最終更新日: 2021/06/28
温泉旅館でセックスしてもいいの?貸し切り露天風呂でのエッチの楽しみ方や大切なマナー
     
    温泉 セックス

    露天風呂や貸切温泉、お互いの浴衣姿など、ムードのある温泉旅館は、カップルで行くとエッチな気分が高まることもあります。しかし、温泉旅館でセックスをしても良いのでしょうか?温泉旅館でのセックスは盛り上がりますし、いくつかのメリットもあります。一方、温泉旅館の造りは実際のところラブタイムにはあまり適していないようです。

    それならば、温泉旅館の施設に合わせた工夫をしつつ、セックスを上手に楽しんでみるのも良いかもしれません。この記事では、カップルで温泉旅行に行った際のセックスの楽しみ方やマナー、おすすめのプレイ内容を紹介します。

    まるで野外プレイのようなシチュエーションの露天風呂エッチや普段とは違った趣のある浴衣エッチなど、たっぷりとイチャイチャを楽しみたいところですが、旅館には旅館のルールがあります。温泉旅館や温泉内でセックスをしたい場合、周りの人に迷惑をかけないように正しい振る舞い方を知っておきましょう。

    温泉旅館でセックスするのはOK?

    旅行先でもセックスしたいな・・
    お悩み解決バナー

    温泉旅行というと、風情ある旅館や湯上りの浴衣姿など、セックスへの期待が高まりそうなシチュエーションを想像できます。しかし、ラブホテルとは違う普通の温泉旅館でセックスしても良いのでしょうか?せっかくのカップルでの旅行、少しくらいイチャイチャしたいと思うのが正直な気持ちかもしれません。

    ここでは、温泉旅行でのセックスの可否やどんなシチュエーションならしても良いのかを紹介します。また、世間のカップルは旅行先でどれくらいエッチをしたことがあるか、アンケート結果もチェックしてみましょう。

    旅行先でセックスする人の割合は?

    Q【女性に質問】パートナーと旅行先でセックスはしますか?
    Q【男性に質問】パートナーと旅行先でセックスはしますか?

    マイエルシーでは、男女100名に対して「旅行先でのセックス」についてアンケート調査を行いました。「パートナーと旅行先でセックスはしますか?」の回答に対して女性は30%、男性は40%が「毎回する」と答えています。また「基本的にはする」と答えた人は女性38%、男性32%でした。

    このアンケート調査結果から、男女ともに6割~7割程度の人が旅行先でセックスを楽しんでいることがわかるでしょう。回答者には子育て中の方も含まれたため「子どもがいるためしない」という意見もありましたが、カップルの旅行ではいつも以上に盛り上がるセックスを楽しみにしている傾向が見られました。子連れカップルを除くと「旅行先でセックスする」と答える人の割合は、さらに高くなるかもしれません。

    温泉旅館でのセックスはマナーを守ればOK

    エッチはマナーを守れば大丈夫!

    旅行先でセックスをすると答えた人がかなりいましたが、実際に温泉旅館などの宿泊施設でのセックスは止められていません。基本的にはマナーさえ守っていれば、温泉旅館でのセックスはしても大丈夫です。ただし「周囲に迷惑をかけない」という最低限のルールは念頭に置いておきましょう。

    温泉旅館のなかにもいろいろな部屋やお風呂がありますが、混浴やほかの利用者が近くにいるような公共の浴場ではしないのが大前提のルールです。部屋についている露天風呂であれば自由度は高いものの、すぐ外に人が通るようなところでするのはいけません。また、セックスしたあとは清掃スタッフの迷惑にならない、また不快感を与えないように後片付けをしましょう。

    温泉宿はラブホテルとは違い、そもそもセックス向きの施設ではないもの。しかし、雰囲気の良さなど魅力的な面も多いため、セックスをしたいカップルはマナーを守りつつできる範囲で楽しんでみてください。

    エッチをする場所がいつも同じでマンネリを感じているという人は、下記の記事で様々なおすすめの場所を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

    エッチの場所に迷う時はこちら

    温泉旅行でセックスをするメリット

    普段は味わえない非日常感を楽しもう

    旅館でのセックスにはいろいろな制限がある一方、旅先だからこそのメリットもあります。また、温泉旅館のなかでも「露天風呂付きの部屋」や「貸し切りができる温泉」などは、恋人同士がラブタイムを楽しみやすい環境と言えそうです。温泉旅行でのセックスのメリットを理解し、旅先の夜を上手に楽しみましょう。

    非日常感を味わえる

    温泉旅館でのセックスは、自宅のベッドやラブホテルとは違った雰囲気があり、非日常感を味わえます。お互いの部屋でするいつも通りのセックスから離れることで、普段より解放的な気分になり、大胆になれるかもしれません。長く付き合ってお互いの存在が当たり前になってきたカップルのマンネリ解消にも良いでしょう。

    ひなびた温泉宿やゴージャスな有名旅館、周りを緑に囲まれた貸切露天風呂など、特別な気分を味わえるシチュエーションにもいろいろあります。また、温泉旅館では定番の浴衣姿も非日常感にワンポイントの華やぎを与えるものです。お互いの見慣れない浴衣姿も非日常的な刺激になります。

    露天風呂では野外プレイのような雰囲気を味わえる

    もし二人の部屋に露天風呂が併設されている場合には、普段はできないような外でのセックスが楽しめることもあります。部屋についているお風呂は当然、宿泊中はいつでも利用できますし、誰にも邪魔されることなく周りの目も気にせずに楽しむことが可能です。そこで、二人で一緒に露天風呂に入り、野外プレイの雰囲気を味わってみるのも良いでしょう。

    ただし、屋外のお風呂は隣接する部屋や外に声が漏れやすくなります。そのため、あまり大きな声を出したり激しいプレイをしたりすると、周りにエッチをしていることがわかってしまうかもしれません。そういった状況を逆手にとって、声を我慢するプレイとして楽しむのが良さそうです。

    また、いくら貸し切りとはいえ施設の一部ということを念頭に置いて、あまりにひどく汚すのは避けましょう。

    汚れてもすぐに体を洗える

    露天風呂付き客室ならば、セックスのあとに汗などの体液をすぐに洗い流せて便利です。お互いに洗いっこをして愛撫を楽しむこともでき、いつも以上に何回もラブタイムをしたくなるかもしれません。また、部屋にお風呂がない場合でも、温泉旅館なら部屋から出てすぐにキレイで広々とした大浴場を利用できます。汗や汚れを気にせず、セックスをのびのび楽しめるでしょう。

    温泉とセックス両方の効果でもっとキレイな肌に!

    温泉に浸かることには美容や健康へのさまざまな効能が期待でき、さらにセックスには肌をキレイにする女性ホルモンを分泌させる作用があると言われています。そのため、温泉旅行でセックスすることは、温泉の効能と相まってもっとキレイになるためにも役立ちそうです

    もし温泉の効能が美肌に特化していなくても、温浴効果によって血行促進や発汗促進による新陳代謝促進が期待できます。旅先を楽しみながらキレイになれるのなら一石二鳥と言えるでしょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    LCインナーボール
    膣トレ用インナーボール
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    Iラインシェーバー
    Iラインのムダ毛処理用シェーバー
    商品を見る
    ジャムウ・デリケートゾーン リフレッシュムース
    O・Iゾーンの汚れ・ニオイの元をケア
    商品を見る
    ナデテ ロゼ
    男性本能をくすぐるヘアパフューム
    商品を見る

    温泉旅行でセックスをするデメリット

    デメリットも理解して適切な行動を!

    温泉旅行でのセックスによる影響は、良いことばかりではありません。セックスの仕方や旅行への考え方によっては、旅先のセックスがデメリットになることもあります。特に間違った方法による楽しみ方は、周りの人に迷惑をかけるだけでなく、自分たちも困ってしまう原因になるでしょう。適切な行動をとるため、温泉旅行でのセックスのデメリットもチェックしてみてください。

    浴場で足を滑らせて転んでしまう危険も

    温泉旅館でのセックスは、場所を選ばないと危険な目に遭うこともあります。特に浴場でセックスする際は、床が濡れて滑りやすくなっているため危険です。セックスに夢中になっていると、足を滑らせて転倒する恐れもあります。

    浴場の床は滑るだけでなく、硬いタイルなどの素材で作られていますし、露天風呂の岩場もごつごつしていてぶつかると怪我しやすい形状です。温泉でイチャイチャを楽しむ場合はなるべく平坦で安全な場所を選ぶように注意しておきましょう。

    周囲に声や音が漏れていることもある

    温泉旅館でのセックスは、油断すると周囲に声や音が漏れてしまうこともあります。そもそも温泉旅館や一般的なリゾートホテルなどは、セックスをするためには作られていません。そのため大きな声を出したり物音を立てたりすると、隣室や廊下にまで響いてしまうことがあります。周囲には家族連れなどもいるため、普通の生活音やおしゃべりの声ならともかくセックスの音声が漏れるのは避けたいところです。

    特に相手の気持ちを尊重しないと、すれ違いが起きやすい

    カップルのどんなシチュエーションにも言えることですが、相手の気持ちを尊重しないと、デートもセックスも楽しめません。相手がセックスを予定していなかった場合、無理に誘って喧嘩になったり、相手を疲れさせたりする可能性もあります。

    特に温泉旅行という場面では、セックスへの気持ちがすれ違いやすくなります。温泉旅行は一見エッチな雰囲気もあって、相手もセックスに乗り気のように思えるかもしれません。しかし、パートナーはこの旅行で温泉自体を楽しみたい、リラックスしたいと考えている可能性もあります。それなのにセックスありきで無理に誘ってしまうと、せっかくのラブタイムも楽しいものでなくなってしまうでしょう。

    あくまでも、温泉旅行は温泉や二人の旅の目的地であり、セックスについては二人の意向を話し合い、歩み寄ることが必要です。疲れやすいパートナーの場合、夜にエッチをがんばらせてしまうと、翌日の行動に支障が出て行きたい観光に行けなくなることもあります。

    温泉旅館でするセックスの楽しみ方!

    エッチをもっと楽しむ方法ってなに?

    温泉旅館でセックスを楽しみたいなら、そのシチュエーションに合わせたタイミングと方法があります。露天風呂付き客室の良さを最大限に活かしつつも、周りに迷惑をかけない配慮をして、旅先の非日常感を楽しみましょう。温泉旅館でのセックスの楽しみ方を紹介します。

    旅館でエッチするのにベストなタイミング

    温泉旅館でのセックスに一番おすすめなタイミングは、夕食を済ませたあとです。食事後なら、ご飯の時間に縛られることもなくのんびりとラブタイムを楽しめます。二人でおいしい食事を楽しんでから、部屋の露天風呂で一緒に過ごしたり、寝る直前にベッドでラブタイムに突入したりすると良いでしょう。

    旅館で夕食をとる場合どうしても17時半~20時頃には食事をスタートすることになりますが、食後であればこれらの時間を気にする必要はありません。また、食後にゆったりと温泉に浸かれば血行がアップしてお互いに感じやすい状態でセックスできます。宿の食事時間は早めなので、夜型のカップルには食後の時間がたっぷりとれて、いつも以上に時間をかけたスローセックスを楽しめそうです。

    部屋の露天風呂で野外プレイの雰囲気を味わう

    部屋に露天風呂がついている場合には、その露天風呂を使って野外プレイの気分を味わうのも、温泉旅館ならではの楽しみ方と言えるでしょう。浴室での正常位や普通のバックは体が床について痛いので、壁やお風呂のふちに手をつき、立った状態でできる立ちバックがおすすめです。少し難易度が高いかもしれないため、事前に体位をチェックしておくと良いでしょう。

    体位の詳しいやり方はこちらからチェックできます。

    お風呂では時間をかけて前戯だけするのもおすすめ

    お風呂ではあえて前戯だけにしよう!

    お風呂場であえて最後までせず、たっぷりと時間をかけて前戯だけ行う焦らしプレイを楽しむのも一案です。挿入までお風呂場でするのも良いですが、体位が限られるため慣れない方には不自由かもしれません。お風呂で前戯をしてから布団に移動したほうが、安心して盛り上がれます。体の緊張もほぐれて十分に興奮した状態なので、布団に戻ってから感度もアップしそうです。

    浴衣は着たままでセックスする

    浴衣は、温泉旅館での非日常を演出するアイテムです。セックスするときにも、特別なシチュエーションをたっぷり味わうために、浴衣は着たままでしてみましょう。浴衣を着たまま襟や裾を少しずつずらして行うスキンシップは、全裸とは異なる趣があります。挿入するときも着た状態のままでOKです。お互いスキンシップで乱れた浴衣姿がセクシーで、いつも以上に盛り上がるでしょう。

    ラブグッズを使ってさらに情熱的に

    いつもとは違う特別な夜だからこそ、ラブグッズを取り入れて、さらに情熱的な楽しみ方をしてみましょう。たとえば、女性がもっと感じたいならベッド専用の感じるコスメ「リュイールホット」がおすすめです。 デリケートな部分に塗ってマッサージすれば、普段感じにくい女性も自然に気持ちの高ぶりを感じられるはず。いつも以上に感じる彼女の姿に、彼もより一層興奮しそうです。

    リュイールホット

    リュイールホット

    デリケートゾーンに潤いを感じながらあたたかさを取り入れることにより、情熱的なラブタイムへ導いてくれる商品です。植物素材を中心に配合しつつ、なめらかで美容液のような触り心地を実現しています。

    温泉旅館でイチャイチャやセックスを楽しむときの注意点

    周りへの気配りを忘れずに!
    お悩み解決バナー

    温泉旅館でセックスを楽しむときには、いくつかの注意点があります。上述の通り、温泉旅館はラブホテルや自宅とは違ってセックスのための施設ではありません。また、ほかのお客さんの目やスタッフの目もあります。そのため、周りも自分も快適に過ごせる気配りが必要です。それと同時に避妊や健康管理にも十分に気をつけましょう。

    温泉では後片付けをしっかり行う

    温泉旅館でセックスを楽しむ場合、施設を汚さない、汚れたところはキレイにするのが基本マナーです。貸し切りができる温泉でも、次の利用客や清掃のスタッフに迷惑をかけないよう、羽目を外しすぎないようにします。特に、体液を温泉内に出してしまうのはNGです。セックスをするなら必ず湯船から出てからにして、床や壁、椅子に体液などが付いたら洗い流しておきましょう。衛生面はもちろんのこと、滑りやすくなって危険です。

    また、借りた浴衣や布団、座敷内の調度品などもできるだけ汚れないように使用し、セックスで出たゴミはできるだけ見えないようティッシュなどに包んで捨てます。

    声の大きさに気を付ける

    周囲の利用客やスタッフにセックスしていることを知られるのは自分たちとしても恥ずかしく、相手に迷惑にもなります。そのため、セックスするときには隣室に聞こえないよう声の大きさに気を付けましょう

    旅館の壁は薄かったり、襖一枚で隔てられたりしている場合も多く、より一層声が聞こえやすい状態です。また、ラブホとは違ってほかのお客さんと大浴場や食堂などで頻繁に顔を合わせるので、気まずい思いをしやすくなります。

    温泉内でのセックスは膀胱炎のリスクも

    温泉内でのセックスは気分が盛り上がる刺激的なシチュエーションでもありますが、場合によっては膀胱炎のリスクにもなりかねません。膀胱炎とは、尿を溜めておく器官である膀胱に細菌が感染する病気です。膀胱付近に菌が付着することで、発症の可能性が高まります。

    温泉でのセックスは、床や壁などについた菌がデリケートゾーンから体内に入ってしまう場合もあるため、注意が必要です。清潔な手指で愛撫してもらう、セックスのあとにはすぐ排尿するなど、できるだけの対策をしましょう。

    コンドームは多めに持参する

    温泉旅館には、ラブホテルのように備え付けのコンドームはありません。そのため温泉旅館でのセックスを予定している場合、前もってコンドームを持参する必要があります。途中で数が足りなくなっても、ラブホテルのように追加をフロントで頼むことも不可能です。自分たちが使うのに十分な数を揃えておきましょう。もちろん不足したからといって、コンドームの2回以上の使いまわしや避妊をしないセックスはNGです。

    生理中は温泉内に入らない

    温泉旅行に向けて日程を女性は多いものの、場合によっては月経周期がずれて、生理と旅行が被ってしまうこともあります。その場合は、残念ですが温泉内には入らないようにしましょう。ほとんどの温泉施設では、生理中の入浴を禁止しています。不特定多数の入る温泉は人目も気になりますが、家の風呂より雑菌も繁殖しやすく、健康上もあまりおすすめできません。

    生理中のお風呂の入り方について詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみてください。

    温泉でのセックスは周りに気遣いながら楽しもう!

    きちんと配慮しながら楽しもう!

    温泉旅行の非日常感はカップルの気分を盛り上げて、その夜のセックスもいつも以上に興奮させてくれます。いつもと違うシチュエーションでするエッチは、マンネリ防止にも良さそうです。しかし、温泉旅館でのセックスにはいくつか注意点もあります。そもそもセックスのための施設ではないため、周りの利用客にもスタッフにもきちんと配慮が必要です。

    また、温泉は楽しいセックスの場ですが、足場が滑りやすいなどの危険もあります。温泉旅行でセックスを楽しみたい場合、周りにも気を遣いつつ自分たちの安全面にも配慮して、素敵な思い出になるよう過ごし方に気を配りましょう。

    他にも旅行先でのセックスの楽しみ方については、下記記事で詳しく紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

    旅行先でエッチする時の注意点や楽しみ方はこちら

    ラブミルフィーユ ホットタイム

    ラブミルフィーユ ホットタイム

    まるでスイーツみたいに可愛いマカロン風コンドーム!ドレッサーやベッドサイドに置いても可愛く、装着する前や使う瞬間も2人の時間が甘くハッピーになれるデザインのコンドームです。ホットゼリー付きなので、あたたかさを感じることでリラックスしたラブタイムを体験できます。

    LCハーバルローション

    LCハーバルローション

    アロエとハチミツ配合した植物原料をもとにした肌に優しいラブローション。潤い不足や濡れにくい、感じにくいお悩み対策やマッサージ用ローションとして使用できます。ウィーターベースで、使用後はベタつきが気になりません。シャワーで簡単に洗い落とせます。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>