本当にあった!ラブ物語

【第九話】快感の水平線

本当にあった!ラブ物語
     
    第一章 甘いセキララ

    6つのケーキと6人の顏がテーブルを囲んでいる。「やっぱケーキは、女友達と食べるに限る!」雪乃は、お気に入りのシフォンケーキにフォークを伸ばすと、恋人のグチをこぼし始めた。

    それを皮切りに恋愛の話になり、話は徐々にきわどくなっていく。私にも彼氏がいるのだけれど、つい、聞き役に回ってしまう。

    第一章 甘いセキララお悩み解決バナー

    (みんなが言っているセキララな事情…、正直、よく分からない…)そんな劣等感が心の中に芽生えかけた時、「実は私、これ使ってるんだ」早苗が、周りのテーブルを気にしつつ、スマホの画面を見せる。

    「えっ!?」私も含めた5人がほぼ同時に息をのむような声を出したその瞬間には、まさか、自分が同じ物を手にするなんて想像もしなかった。ましてや、自分のカラダがあんなことになるなんて…。

    第二章 新しい世界のドア

    みんなと駅で別れて、自宅へと歩きながら、早苗を思い出す。「ひとりHって、男の人がするものだと思ってたんだけどね。実は中世から、メンタルケアとか安眠のために女性もしてたらしいよ、欧米とかでは」

    そんな話をしながらバイブの画像を見せる早苗は、照れくさそうでもあったけれど、満足気で艶やかだった。そんな彼女を見ながら、私の脳裏には、数カ月前に彼氏から言われた「智香もオナニーしたらいいのに」という言葉が蘇った。

    (正直、彼とのセックスに満足しているかと言われると、即答できない。それに私はイクという感覚自体、分からない…。だから、こんなに早苗の話が気になるのかな…)

    帰宅後、私はいつの間にか、早苗が見せてくれたバイブを検索していた。

    「不満だって言ってるだけじゃ、何も変わらないし…」自分の声で背中を押して、購入ボタンをタップする。

    ―数日後。早めに寝室に向かうと、届いたばかりの箱から取り出したバイブを手にして、ベッドに座る。

    少し震える手で、ワンピースパジャマの裾を上げ、脚の付け根に、晴れた夏の水平線のようなマリンブルーの先端を当てる。

    ヴィーン…スイッチを入れた瞬間、振動に驚くけれど、すぐにそれは心地よさへと姿を変えた。

    第二章 新しい世界のドア

    「ん…」無意識に吐かれる自分の息に戸惑い、しかしそれが同時に緊張をほぐし、私は、快感に身を委ねる。

    そして、カラダが求めるままに、水色の振動を泉の入り口に当てた。「ぁぁあ…」吸い込まれるように、絶妙な感触が侵入してく。すっかり泉の中に納まった振動に、少しの間カラダを馴染ませると、自然と右手が動いてしまう。

    「はぁぁ…」荒い吐息にくちゅくちゅと湿った音も重なると、右手の動きはスピードを増した。

    (やだ…止まらない…)右手が脳の指令とは無関係に動き、意識が一瞬飛んだような感覚に陥る。

    (これが…、イクってこと…?)全身が脈打つ中で、確信ともいえる疑問を投げかけた。

    第三章 その先のドア

    「ねぇ、カズ君、前に、私もひとりHした方がいいよって言ってたでしょ?でね…、一緒にイキたくて、私…練習したんだ」

    恋人の和彦とホテルに入ると、恥ずかしさがこみ上げる前に、一気に言葉にした。その言葉に興味を示した和彦に、シャワーを浴びた後、ベッドの上で、こっそりと持ってきたバイブを見せる。

    「色とかデザインとか、さわやかだね」と、彼は意味深な笑顔を向ける。「うん。マリンビーンズっていって、こないだ早苗が教えてくれて…」

    第三章 その先のドア

    「それで、ひとりで練習してくれたんだ?嬉しいなぁ。可愛いなぁ、智香は」私を抱き寄せ、彼はマリンビーンズを手に取り、「今度はふたりで使おうよ」と耳元で囁いてスイッチを入れる。

    その振動を、まずは私の左の胸に当て、右の乳首を口の中で転がした。「ぁぁぁ」声を漏らす私の全身に、彼は、振動と舌を並べて這わせていく。

    そして、膝から太ももへと向かうと、「智香、濡れてるよ」という声と同時に、泉の入り口をバイブの先端で刺激した。

    「んんっっ」思わず身をよじると、「きもちいいんだね」とキスをしながら、彼は、少しずつ、震える泉に沈ませていく。

    「すごい…」思わずこぼれた自分の言葉が耳に入ると、さらに快感が増し、「もっと…お願い、もっと…」と腰が動いてしまう。

    第三章 その先のドア

    「あぁ、こっちが我慢できないよ…」和彦は、ジュポッと音を立てながらバイブを抜くと、代わりに彼自身を一気に挿入した。

    「あぁぁ…」私は、泉の中で、さらに深く快感が広がるのを感じる。

    「すごい…智香の中、熱い…きつい…」その言葉に疑いの余地がない表情を見せる彼に、泉の中はさらに熱を増す。

    第三章 その先のドア

    「ねぇ…カズ君…ダメ…ダメになっちゃう…」何度か体位を変えた後、私を下から突き上げる彼の胸を、しがみつくように掴む。「いいよ…智香、そのまま…、俺も…俺も…」

    息も腰の動きも激しさを増す彼の上で、私たちは、同時に「…イクッ」と絞り出して、そのまま彼の胸に脱力した。

    第四章 ドアの、向こう側

    ―1ヵ月後。「帰ったらまず、しようよ」買い物から私の自宅に向かう途中の信号待ち、和彦が私の腰に手を回しながら、囁く。

    第四章 ドアの、向こう側

    マリンビーンズは、その後、彼と一緒によく使うようになった。イク感覚を覚えて、私も、以前よりもずっと積極的で大胆になっているような気がする。

    それで盛り上がるからなのか、セックスの回数は増え、ベッドの中でも外でも、お互いに以前にも増して優しくなっている。

    「気が早いでしょ!」笑って彼に視線を向けると、私は、回された手をギュッと握った。

    ~第九話・完~

    バックナンバーはこちら
    この小説に登場した商品
    マリンビーンズ
    マリンビーンズ

    「もっと中で感じたい」「Gスポットの感度を磨きたい」「さらに深い快感を探求してみたい」そんな多くの女性のお望みにお応えする『マリンビーンズ』。今までにない動きで、様々な快感レベルをアップしてみませんか?

    はづき

    肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が宿った肌を合わせれば、幸せが身に沁みる。 愛する幸せ、愛される幸せ、女性としての幸せ、人として生きる幸せ。
    いろんな幸せが宿るセックスが、日々、たくさん生まれますように。 …そう祈りながら、小説の執筆をしております。
    ⇒【はづき】さんの官能小説はこちら

    お悩み解決
    <お悩み解決>
    この物語の元になった体験談はこちら!

    (ゆーたんさん / 26歳 / 会社員)私は彼との付き合いが長いのですが、セックスでイク感覚が掴めず、彼の方がいつも先にイッてしまい、セックスに満足できずにいました。何やら間違いを起こす前に私もオナニーしてみよう!と思い…

    読み物
    <読み物>
    【はづき】さんの官能小説をもっと読む

    「ぅうっ…ん」クリトリスに跳ね返されるように、指が浮く。その指は、まっすぐに突起に戻り、グルグルと…

    企画・特集
    <企画・特集>
    トロけるセックス体験談コンテスト結果発表!

    最も熱くトロけた体験談を、LCラブコスメのスタッフ総出で選出いたしました!

    読み物
    <読み物>
    4人に1人が、セックス時に痛みが気になっていた。

    たとえば普段、メイクをするような感覚で、ラブローションやベッド専用美容液を使ってスムーズに…

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ヌレヌレ・マスカットキッス
    男性人気No.1!キス専用美容液ヌレヌレ
    商品を見る
    ナデテロゼ
    "友達"から"気になる女性"に変わる
    商品を見る
    リビドー ロゼ
    男性がしたくなる瞬間って?
    商品を見る
    LCジャムウ・デリケートパック
    おりものを洗い流してさっぱり!
    商品を見る
    ラブコスメ リュイール ホット
    トロけるようなオーガズムを
    商品を見る
    LCハーバルローション
    ラブタイムの潤い不足に
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブル
    泡パックで洗ってしっとり♪
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェル
    毎日のバスト&全身のケアに
    商品を見る
    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル
    ぷるんぷるんの桃のようなバストへ
    商品を見る
    LCラブサプリ ムクナスイッチ
    もっと一緒に…を叶えるサプリ
    商品を見る
    ラブスライド
    いつもと違うスムーズ感を!
    商品を見る
    マリンビーンズ
    中で感じてGスポットの感度を磨く!
    商品を見る

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      


    カテゴリー一覧


    全記事一覧

    ガールズストーリー(創業祭小説) 3話
    ガールズストーリー3話

    マッチングアプリの出会い

    ガールズストーリー(創業祭小説) 2話
    ガールズストーリー2話

    彼氏が勃たない…上手くいかないセックス

    ガールズストーリー(創業祭小説) 1話
    ガールズストーリー1話

    亜美と沙里と美樹の女子トーク

    女性をキュンとさせる方法
    女子をキュンとさせる「行動」「仕草」「言葉」のポイントとは?

    胸キュン、女性をキュンとさせるテクニッ…

    女性が好きなエッチの体位は何?
    女性が好きなエッチの体位は何?【LCラブコスメ公式】

    女性が好きな体位は知っていますか?女性…

    朝セックスのススメ、そのメリットは?
    朝セックスのススメ、そのメリットは?

    朝セックスのススメ、何がいいの?そのメ…

    女性を上手く褒める方法~変化サインに気づいて彼女の機嫌を上手くの取ろう!
    彼女の変化に気付くコツ・褒めるコツは?

    彼女の変化に気付くコツ・褒めるコツは?…

    ラブグッズデビューしたい!彼女が安心できる切り出し方って?
    ラブグッズデビューしたい!彼女が安心できる切り出し方って?

    ラブグッズデビューしたい!彼女が安心で…

    遠距離恋愛が長続きする秘訣!最も重要なのは「別れ」のシーン!?
    遠距離恋愛が長続きする秘訣!最も重要なのは「別れ」のシーン!?

    遠距離恋愛の秘訣とは?たまにはサプライ…

    小さい胸は感度がいい?その真相とは?
    胸の感度

    バストの感度は大きさで左右される?女医…

    心と体の両方から絶頂を迎える秘訣とは?
    何回もいく方法

    絶頂の回数とラブタイムの快感の深さとの…

    セックスと年齢と性欲について
    セックスと年齢、男性と女性の精力・性欲の差がでてくる?

    セックスと年齢と性欲について。30歳を…

    最後の一線を越えるためには?
    #夜の道具箱|最後の一線を越えるためには?

    最後の一線を越えるためには?秘密の道具…

    妊娠出産後にセックスレスに陥りやすい?セックスレスの改善法とは
    産後の夫婦関係

    産後のセックスレス解決策

    その後の夫婦生活~産後のレスをリアルレポート~
    産後クライシスの原因

    4つの原因と実際の体験談

    生理中の女性って謎!という男性必見、生理の女性への接し方
    生理中の女性って謎!という男性必見、生理の女性への接し方

    生理中の女性は、男性にとって、謎だらけ…

    料理をする男子がモテる?女性がグッとくる男の料理のポイントや演出術は?
    料理ができる男子はモテる?男子料理のポイントとは?

    男の料理、女性がグッとくる男性の料理と…

    デート中のトラブル対処法は?
    デート中のトラブル対処法は?

    デート中のトラブル対処法は?自分のHテ…

    男性必見!告白の成功率をアップさせる方法をご紹介
    女性が喜ぶ告白とは?成功率高い?おすすめ告白プラン

    男性から告白、女性がグッとくる告白方法…

    男性必見!女性の好感度をアップさせる方法とは?(買い物・食事・歩き方)
    女性が喜ぶデートとは?シチュエーション別好感度をアップさせる方法

    デートで好感度をアップさせる方法とは?…