恋愛課外授業「デートの悩み」

デートがめんどくさい理由と対処法は? 男女の本音と楽しむための工夫を紹介!

公開日: 2021/05/24  最終更新日: 2021/07/01
デートがめんどくさいときの対処法は?男女の本音と楽しむための工夫を紹介!
     
    彼が嫌いなわけじゃないのに…
    お悩み解決バナー

    彼が嫌いになったわけではないのに、「なんだかデートがめんどくさい…」と感じたことはありませんか?嫌いになったわけではないのにどうしてそのような心理に陥るのでしょうか。

    または、相手の言動から「なんだか面倒くさそうにしている気がする」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。今回は、デートがめんどくさくなってしまう理由について、男女別の心理とともに対処法をご紹介していきます。

    まずは下記のアンケートを御覧ください。

    デート当日、今日は正直「行きたくないな」と思ったことはありますか?
    デートについて考える男女のイラスト
    • 「行きたくないな」と思うことはあるが、断ったことはない:51%
    • 「行きたくないな」と思うことはあり、断ったことがある:26%
    • 「行きたくないな」と思ったことがない:23%

    約半数は「行きたくないな」と思うことはあっても、実際にデートを断ることはないようです。やはり、相手に嘘を付くのは気が引けるものということですね。

    なかには、そもそも「行きたくないな」と思ったことがない方もいました。大好きな相手に会えるのですから、このような考えを持つ方もいるでしょう。

    また、実際に断った方は約3割でした。億劫な気持ちのまま、会うのが嫌で対処策もなかった場合には、断ってしまうのかもしれませんね。

    デートがめんどくさい…!状況別の理由と男女ごとの心理を紹介

    デートがめんどくさい理由は?

    楽しいはずのデートがめんどくさいと感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?

    カップルには付き合う前を含め、付き合いたてや長く付き合っているなどと、いろいろな状況の違いがあります。

    そのような、付き合いの期間別にめんどくさい理由をまとめてみました。ご自身の状況に合わせてお読みください。

    付き合う前:デートがめんどくさい理由

    彼を気遣うのがしんどい…

    まずは、付き合う前にデートをめんどくさいと感じる理由からです。

    ~付き合う前にデートがめんどくさいと感じる理由~
    • 相手への好意が低いので、デートの優先度が低いから
    • 共通の趣味や話題がなくて、「盛り上がらないかも…」と不安になっているから
    • 相手に合わせて、デートプランを考えるのが大変だから
    • 相手への気遣いがしんどく感じることがある
    • 毎日電話もラインもしているから

    付き合う前にデートがめんどくさいと感じるのは、もしかすると相手への好意が低いことが原因かもしれません。デートはどこに行くのかよりも、誰と行くのかが重要であることも多いです。相手と付き合っているビジョンが描けないと、デートをめんどくさく感じることもあるでしょう。

    とはいえ、誰しもデートをめんどくさいと感じることはあります。好きだけど共通の趣味や話題がなく毎回困っていたりすると、相手に合わせるデートプランを考えるのは大変なものです。

    また、緊張していると帰ってくるとどっと疲れが出るため、相手への気遣いにしんどく感じることもあります。毎日連絡を取り合っていれば、なおさら話題に困ることが理由となっているかもしれません。

    付き合った後:デートがめんどくさい理由

    マンネリ気味かも…

    一方で、相手と付き合った後にデートをめんどくさいと感じるのはなぜでしょうか。理由としては、下記などがあります。

    ~付き合った後にデートがめんどくさいと感じる理由~
    • 定番のデートプランを一通り試してマンネリ化しているから
    • 週に1~2回など、デートの頻度が多くて負担に感じているから
    • すでに同棲済みで、わざわざデートの時間を作ることに意味を感じなくなってきている
    • 仕事で疲れていて、時間を使いたい趣味があるから
    • 金銭的に辛い

    付き合った後は、長く付き合えば付き合うほど、相手の好みも知り尽くしてマンネリ化しがちです。また、デートの頻度が多いほど、お互いに負担になりやすくなります。すでに同棲済みの場合は、そもそもデートは必要かと考える方もいるようです。

    ほかには仕事で疲れていたり、たまには一人の時間を趣味で使いたいと考えたりする人も少なくありません。デートばかりにお金をかけることが、金銭的に辛いと感じる方もいるようです。

    男性がデートをめんどくさいと感じる心理

    次は性別ごとに、デートをめんどくさいと感じる心理を紹介します。まずは男性からです。

    ~男性の本音!デートをめんどくさいと感じる心理~
    • 彼女の好みに合わせてプランを練るのに疲れた…
    • デートで奢るなど、お金を使うのが嫌…
    • 仕事で疲れて、時間があるときは休みたい…
    • 女性のウィンドウショッピングで無駄な時間を過ごすのが嫌…
    • 正直、行きたくない場所に付き合っている

    男性の本音を見ると、女性のためにデートで我慢している人も一定数いるようです。デートプランを丸投げされても疲れてしまいますし、なぜか付き合っている最中は、大体のものを男性が支払うケースが文化として成り立ってしまっています。

    これにより、仕事疲れも相まって、休日は休みたいと思ってしまう男性もいます。また、女性のウィンドウショッピングも、洋服や化粧品が目的の場合は、男性はほぼ興味がないと考えていいでしょう。男性からすると、行きたくない場所に付き合うことになるので、疲れてしまう人もいるということですね。

    女性がデートをめんどくさいと感じる心理

    一方で、女性がデートをめんどくさいと感じる心理はどうでしょうか。以下で、具体例を紹介します。

    ~女性の本音!デートをめんどくさいと感じる心理~
    • デートの度に毎回、メイクや服装をきめるのが大変…
    • たまの休みぐらい、一人でゆっくりと休みたい…
    • 提案された行き先に興味がもてない…
    • 天気が良くない
    • 生理などで体調が優れない…

    女性はデートのための準備に男性の倍以上に時間をかけます。前日から服装を決めたり、当日はメイクに時間をかけたり、男性が思う以上に面倒くさいと感じることがあります。

    そのため、「たまには一人になりたい…」などと、男性とは違う観点からめんどくさいと感じることがあるようです。

    また天気が良くないと、せっかく整えたメイクやヘアスタイルも崩れやすいですし、生理中などで体調が優れない場合も断りたくなるようです。

    デートがめんどくさいと感じる!相手が好きじゃないってこと?

    彼のこと好きじゃないのかな…
    お悩み解決バナー

    「デートがめんどくさい…」と感じるのは、 相手のことが好きではないからなのでしょうか?仮に本気で好きじゃない場合は、相手とのデートが退屈に感じることもあるでしょう。

    しかし一方で、好きな相手でも「デートがめんどくさいな…」と感じることはあります。例えば、友達との約束が近づいて来て仕事が忙しいと、「たまの休日なのに休みたい…」と感じることはありませんか?

    予定が近づいてくると、楽しみにしていたはずのことも、なんだか面倒くさいと感じることは誰しもにあります。結論として、その日の気分や予定の多さ、体調などが原因で、好きな人とのデートでも「めんどくさい!」と感じることは誰でもあるということになります。

    決して好きではないだけが、デートをめんどくさいと感じる理由にはならないはずです。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ヌレヌレ・マスカットキッス
    男性人気No.1!キス専用美容液ヌレヌレ
    商品を見る
    ヌレヌレ・ベリーキッス
    甘く可愛いベリーの艶唇
    商品を見る
    リビドーロゼ
    彼の性衝動をONにする
    商品を見る
    ナデテロゼ
    撫でたい艶髪に!
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェル
    「恋ジェル」で、男性が憧れる「離したくない愛されボディ」へ
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブル
    乳首やデリケートゾーンの黒ずみの元、綺麗に見せたい!
    商品を見る
    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかん
    透明感があふれるキレイな素肌に!
    商品を見る
    コイイロパウダー
    男性が好きな『無防備ではかない色』を演出
    商品を見る

    めんどくさいと感じにくいデートにしたい!おすすめの工夫を紹介

    めんどくさくないデートって?

    めんどくさいと思いながら、デートを続けるのはできれば避けたいものです。ここでは男女別にめんどくさいと感じないための、おすすめのデートの工夫をご紹介します。

    ぜひ取り入れてみて、デートを楽しいものにしていきましょう。

    自分が面倒くさいと感じないためのデートの工夫

    デートを楽しむ工夫!

    まずは、女性自身がデートを楽しむための工夫を紹介します。

    ~女性がデートを楽しむための工夫~
    • 一緒にデートプランを考える
    • おうちデートにする
    • 何か一緒に手作りする日にしてみる
    • マッサージし合うなどお互いを労う日を作る
    • スーパー銭湯に行く

    デートプランをどちらかだけが考えると、考えがまとまらずストレスになり、めんどくさくなることが多いです。一方で、今度一緒に行きたいところなどを、二人で考える日を作るのはいいかもしれません。

    またおうちデートは、すっぴんでもゆったりとしたルームウェアでゆっくりするのも許されます。お菓子作りを一緒にしてみたり、彼にDIYを教わったりして何かを作る日にしてみると、楽しいおうち時間になりますよ。

    また、「お互いお疲れ様」という気持ちを持って、マッサージし合うのも良いでしょう。

    どうしても行き先に困った場合、スーパー銭湯で癒やされるのもたまにはデートにいい場所です。

    おうちデートの楽しみ方は下記の記事でたっぷり紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    おうちデートの過ごし方についてはこちら

    男性から面倒くさいと思われないためのデートの工夫

    次に、男性からめんどくさいと思われないためのデートの工夫を紹介します。

    ~男性からめんどくさいと思われないためのデートの工夫~
    • 夢の国の力を借りる
    • ホームセンターに行く
    • 前日に一言連絡しておく

    二人が好きなスポットであれば、テーマパークに行くのもいいでしょう。テーマパークは、久しぶりに童心に帰りたい大人などに特におすすめです。

    また、一風変わったデートコースを提示して、彼の興味を惹くやり方もあります。例えば、ホームセンターはどうでしょうか。ホームセンターは男性の好きなDIYものや、女性の好きな日用品からペットまでなんでもそろっていて、家具などもあります。同棲前なら、「こんなの置いてみたいね」などの会話も楽しめますよ。

    そして大切なのは、前日に明日楽しみにしているという連絡を入れることです。また、デート後に「今日はいろいろありがとう!」などと伝えるのも大事なことです。

    次のデートに誘うときも、女性から褒められるためにしっかりとプランを練ってくれることでしょう。

    めんどくさいと感じるのは誰にでもあること!プランやこれまでを見直してみて

    今後を楽しくするチャンスかも!

    この記事では、デートがめんどくさいと感じる「男女別の心理」や「対処法」についてまとめてきました。めんどくさいと感じることは誰にでもあり、必ずしもマンネリ化や良くない方向に行っているわけではないということを覚えておいてください。

    工夫次第でいくらでも、無理しない、男女ともに楽しいデートは作ることができます。めんどくさいと感じたら、デートプランやこれまで丸投げばかりしていなかったか、などの内容を見直してみてくださいね。ぜひ、今後も彼と素敵なカップルライフを楽しんでください。

    また、デートや恋愛に対する男性の本音をもっと知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

    ヌレヌレ・マスカットキッス

    ヌレヌレ・マスカットキッス

    じっくり味わうような彼からの濃厚なキス…!男性人気No.1の『ヌレヌレ・マスカットキッス』は、ひと塗りで思わず食べたくなるような唇を作る美容液です。印象的な香りとぷっくりと濡れたような魅力的な唇にしてくれます。男性がキスしたいと思う唇をあらゆる角度から研究して作りました。

    ナデテ ロゼ

    ナデテ ロゼ

    射程圏内1メートルのフワっと髪の香りを漂わせるヘアパフューム。根元から毛先まで1本1本になじみ、独特のツヤを出します。あなたがふわりと寄り添うと、“思わずしたくなる!”男性本能をくすぐります。

    LCローションバス トロケアウ

    LCローションバス トロケアウ

    非日常的空間を演出し、2人で気持ち良さに心の底から没頭する…ただ触れ合うだけで、気持ちよすぎるローション風呂「トロケアウ」。触るだけでセクシャルな気分になれるので、彼とのお風呂タイムをもっと気持ちい時間にしたい、その後のラブタイムに繋げたいという方にもおすすめです。オリーブ油配合なので、お風呂上がりの肌を彼がうっとりするすべすべ肌に仕上げます。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら