私、アレ作ってます。

ベールに包まれたアノ業界… 職人たちが使う専門用語とは?

公開日: 2021/02/22  最終更新日: 2021/04/23
【4話】常にコレを考えている
     

    覚えておこう!タメにならない専門用語

    ※※画像:210209_4-1

    人形、子機、試運転、位置確認。

    これら、全部アレ(バイブ)を開発するときに使う専門用語。
    私と製造工場の方のやりとりは、
    長年、この用語を活用して上手くやってきた。

    説明しよう!

    • 人形:バイブの本体
    • 子機:クリトリス部分
    • 試運転:動かして実際の動きを確認すること
    • 位置確認:当たる部分の位置を確認すること

    試運転と位置確認は、私たち企画者独自の専門用語。

    バイブレーターというと、セクシャルで謎めいていて快楽的。
    でも、試作して本製造して、販売されるまでは意外と機械的。

    慎重に正確に進めている。

    210209_人形と子機.jpg

    開発は長いもので2-3年かかるものもある。
    だから、試作品が順調に進んでスケジュールが決まれば
    おのずと発売日も決まる。

    長くトラブルのあったものが、一度上手くいくと
    すぐ製造できる、ということもある。

    企画、開発者はその流れに乗らないとチャンスを逃すのだ。

    そうなったら、試作品到着後、すぐ試運転→位置確認!

    いざ鎌倉!なのだ。

    午前八時のバストローター

    ※※画像:210207_4-2

    数年前になるが、バストローターを開発したとき。

    届く、と言われていた日に試作品が届かない。
    朝から晩まで待てど暮らせど、届く気配すらない。

    数日で試運転、位置確認を済ませて結果を海外の工場に報告。
    そうしないと発売日に間に合わない。

    結局、出荷遅れがあり、翌日の朝イチで到着になってしまった。
    時間がないので、届いたその日に確認して工場に結果を戻さないと、
    という緊急スケジュールになってしまった。

    当時、私は朝七時に出社していた。

    朝八時に届いたため、ソッコーで試運転。
    あれ、動かない。
    電池も入っているのに、全く動かないのだ。

    ガーーーン!!

    スイッチを押したり引いたり、さすったり撫でたり。
    まるで愛撫のように丁寧にするもダメ。

    朝の一発目で出鼻をくじかれた。
    ひとまず、位置確認をして工場に言わないとな。

    私は、うんともすんとも言わないバストローターを片手に
    トイレに忍び込んだ。

    幸い、誰も来ていない。

    おもむろに、Tシャツの上からバストローターを当ててみた。
    上手く当たらず肩を落とす。

    「ああ、やっぱり形も機能もやり直しか……」

    そう思った瞬間、勢いよくブイーッと動き出したのだ。

    えええ!そうですか、接触不良ですかね!?

    自問自答しながら、ひとまず全体的に修正が必要。
    内容を頭に入れて、デスクに戻ったら即、修正依頼だ。

    と個室トイレの扉を開けると、とにかく明るいスタッフOさんから
    「おはようございまーす!」と勢いよく挨拶された。

    私、今クリエイティブ!キラッ!

    「あれ、Oさん今、来たんですか?」
    「少し前からですよー」

    もしかして音聞かれた?
    まあいい。
    私がトイレで位置確認をすることなんて、日常茶判事茶目仕事なんだから。

    「ソレ、新商品なんですか?」
    「そうです、バストのです」

    Oさんと一緒にもう一度スイッチを入れてみたが、やっぱり動かない。
    でも、この光景。
    ベテランスタッフのOさんだから自然なのかも。

    もしこれが新しいスタッフの方だったら、衝撃だ。

    バストローター片手にTシャツのヨレた女が、
    いきなりトイレから出てくるんだもん。

    と、ノンキなこと考えてないで、早くデスクに戻って修正、修正!
    急がないと発売日がどんどんズレてしまう。

    私はデスクに素早く戻り、さきほどの修正内容を書いてメール。
    その後、電話もして、次の試作のアップ日を確認。

    電話が終わった瞬間
    「はあ!いい汗かいたー!私、今クリエイティブな仕事してるわ」
    とテカるオデコの脂を拭う。

    これぞバリキャリ!

    とか思うのだけど、午前八時にトイレでバストローターくっつけて、
    ココが当たらない、線の接触が!とか、ココは肉厚を薄くとか、
    動きがそもそも変だからなあ。

    バイブレーターを使う、という行為はとてもセクシーだと思う。
    でも、作る過程はかなり滑稽。(……なときもある)

    でも、一人でも喜んでくれれば、私はいくらでも滑稽な動きをする!
    さあ、明日はアナルバイブの試作だ。

    どんとこい!

    ※※画像:210207_4-3
    皮エミ(カワエミ)
    皮エミ(カワエミ)

    皮エミ(カワエミ)。コスメ、ラブグッズの企画、開発担当。現在18年目。グッズアドバイザー森沢さんと、開発者花川さんの間にいる。エッセイ、コラム、イラスト、4コマ漫画など多数対応。現在もスタッフとして奮闘中。

    ●Instagramアカウント:emikwkw76→イラスト、4コマ、絵本

    ●note:https://note.com/emikw→少し濃いエッセイ。全体的に性的な視点が多くあります。NGな方はお控えください。

    ※お仕事依頼はInstagramのDMまで。