オトナのオンナの磨き方

夫婦をカップルに戻す3つの対策とは?

公開日: 2015/05/22  最終更新日: 2021/04/23
オトナのオンナの磨き方
     
    夫婦になっても熱々でいたい!
    お悩み解決バナー

    夫婦になったら急に生活感ばかりが先に立って、ラブラブではなくなった、子どもができたらパパとママになってしまい、セックスがうまくいかないなど、夫婦になって父親・母親になることで増える問題があります。

    よく、海外のドラマや映画で観るような、いつまでも熱々のカップルでいるためには、どうしたらよいのでしょうか。

    名前で呼び合う

    「パパ、それとって~」「ママ、何を買ってくればいいの?」のように、お互いのことをお父さん・お母さんとして呼ぶのをやめてみてはいかがですか? 
    子どもの前では仕方ないとしても、二人でいるときには結婚前、おつきあいしているときに呼び合った呼び方にして、あの頃の新鮮さを思い出して。

    1日1時間でいいから二人だけの時間を作る

    その1時間を、セックスに使う必要はありません。
    ソファに座ってしゃべってもいいし、一緒に録画しておいたドラマを観てもいい。子どもが眠ったあとに彼の会社の愚痴を聞いてもいいし、新しく挑戦した習い事の話をしてもいいのです。
    そのときの話の内容を、子ども以外にすることがポイント。二人はカップルであり、パートナーであることを、毎日ちょっとずつ思い出せればいいのです。

    はじまりの挨拶をする

    >コミュニケーションをちゃんととってる?

    朝のはじまりなら「おはよう」、お出かけのはじまりなら「行ってきます」、夜のくつろぎタイムのはじまりなら「ただいま」「おやすみ」も、夜の時間のはじまりの挨拶です。そういった、ごく普通の声かけすら、毎日のバタバタのなかで忘れていませんか?
    恋人同士だったときには、会ったときに「元気?どうしてた?」、帰るときには「バイバイ、電話ちょうだいね」「またね、メールするよ」と、当たり前のように声をかけあっていたはず。人としてのコミュニケーションの基本でもありますが、忘れてはいけないポイントです。

    最近、英語圏で人気のサイトでは、男性が奥さんに求めるものは5つしかない、しかし女性が旦那さんに求めるものは50個もある、という冗談のようでも本質をついたコラムがありました。
    その5つの上位3つが、食事、セックス、そして「やさしくしてくれること」。名前を呼び、やさしく挨拶してくれるという案外シンプルなことで、男性の気持ちはいつまでも恋人でいてくれるかもしれませんね。

    夫婦円満の秘訣については下記記事でも詳しく紹介しています。インフルエンサーの5歳さんが教えるラブラブでいるコツをぜひ参考にしてみてください。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    マリンビーンズ
    Gスポットを刺激&臭い対策も
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    いままでと触り心地が全然違う?!
    商品を見る
    膣トレと感度磨きを両方実現!さくらの恋猫 NUKUNUKUを購入する
    膣トレと感度磨きを両方実現
    商品を見る
    オーガズムを応援するデリケートコスメ「ラブコスメリュイールホット」
    じんわり火照る感覚でオーガズムへ…!
    商品を見る
    純粋で清楚な色気で誘う!リビドー ピュアシャボンを購入する
    純粋で清楚な色気で誘う…!
    商品を見る
    オーラルしやすくなる収まりのいいアンダーヘアへ!アンダーヘアケアはじめてセットを購入する
    オーラルしやすいアンダーヘアに!
    商品を見る
    エッチな願望、叶えます!ジョリマリス アイピロウ&リストバンド
    エッチな願望、叶えます!
    商品を見る