夫婦で考える不妊と子宮とセックスの話

妊娠を望むには、まず自分の体のことについてしっかりと知っておく必要があります。【医学予防士監修】

女性の体の腹部
     

    健康なだけでは妊娠しないから難しい

    運動する女性
    お悩み解決バナー

    今回のテーマは、「妊娠しやすい体」についてです。不妊について書かれている本などを見ると、妊娠しやすい体の条件として挙げられているのは、大体以下のことです。

    • 月経が毎月ほぼ一定の周期で来ている
    • 月経痛が少なく、経血の量も多過ぎず少な過ぎない
    • 不正出血がない
    • おりものの色やにおいが気にならない
    • 基礎体温が高温期と低温期とに分かれている
    • 性感染症にかかったことがない
    • 開腹手術をしたことがない
    • 太り過ぎても、やせ過ぎてもいない
    • 急激に太ったりやせたりしたことがない
    • タバコは吸わない
    • お酒は適度にたしなむ程度
    • 栄養バランスのよい食事をしている

    これらの条件を満たす人とはつまり、いわゆる「健康な人」。妊娠しやすい体というのは、ざっくり言ってしまうと健康な体のことです。

    しかし、健康な体であっても妊娠にいたらないという人も多くいます。そこが不妊の難しいところなのです。

    妊娠しやすい体のはずなのに妊娠しないわけ

    通勤中の女性

    妊娠しやすい体の条件を満たしているはずなのに妊娠しない――そんな時、次に重要となるのは、女性の年齢やストレスです。

    女性の年齢が上がると不妊につながりやすくなることは、すでにあちらこちらで取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。

    大体35~37歳を境に妊娠率がぐっと下がり、自然妊娠が難しくなってくるのです。40歳を越えると、妊娠率はさらに下がります。

    年齢が上がると妊娠率が下がる、その原因は卵子の老化にあります。卵子の老化についてはあらためてお話ししますが、日々新しいものがつくられる精子と違い、出生時に一生分が全て出来上がってしまっているのが卵子です。

    私たちが生きている間、ずっと出番を待っているわけですから、老化をするのは当然のことでしょう。

    ストレスが不妊に関わってくるのは、強いストレスを受けることでホルモンバランスが乱れてしまうからです。それにより生理不順になったり、生理は来ているけれど無排卵という状態になったりします。

    もちろん、不妊の原因には、これ以外にも様々なことが考えられます。
    しかし、加齢とストレス、これらが女性を妊娠しやすい体から遠ざけている場合が多いのが現状です。

    女性は意外と自分の体のことを知らない

    自宅でくつろぐ女性

    そのほかに、これは筆者の持論ですが、「そもそも女性が自分の体のことをよく知らない」というのも、妊娠しやすい体づくりに大きく関わっているように思えます。

    皆さんは、自分の体のどのあたりに子宮があるのか、卵巣はどの辺にあるのか知っていますか?どうなると妊娠するのか、仕組みをきちんと説明できますか?

    筆者自身、不妊や妊娠に関する物書きになるまで、そうしたことにはほとんど無頓着でした。きちんと生理が来ていて、避妊をせずにセックスしていれば、勝手に妊娠するものだと思っていたのです。

    結局のところ、妊娠しやすい体とは

    妊娠しやすい体になれるかどうかは、結局のところ、普段から自分の体を気にかけているかどうかにかかってくるのではないでしょうか。

    体を気にかけると言っても、一から十まですべてをチェックする必要はありません。ただ、今日の体調はどうか、睡眠は取れたか、食欲はあるか、便秘はしていないか…など、自分の体の日常的変化になんとなく目を向けること。

    そして、さらに言うとストレスと上手に付き合う方法を見つけること。大切なのはこうした当たり前で基本的なことです。

    ダイエットの近道がバランスのよい適量の食事と運動をすることでしかないように、妊娠しやすい体に近づくための重要なポイントも、つまるところは「当たり前のことをきちんとすること」、それにつきると思います。

    著者:山本尚恵(医療ライター)

    PR会社、マーケティングリサーチ会社、モバイルコンテンツ制作会社などでの勤務を経て、2009年よりフリーランスのライターに転身。
    おもに妊娠や不妊に関する執筆を手がけ、医師や専門家への取材も多数。2014年4月に発売された「不妊治療ステップアップベストガイド」の執筆を担当。レディース予防医学指導士。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    恋に効く!?プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    彼が思わず触れる抱きたい肌へ
    商品を見る
    ラブタイム直前の潤いケアにおすすめのジャムウ・シークレットモイスチャーを購入する
    『濡れにくい』時の直前潤いケアに…
    商品を見る
    同時イキを目指すのにおすすめのラブコスメ リュイール ホットを購入する
    もっと、熱く、激しく、乱れるほどの快感を…
    商品を見る
    ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)を購入する
    彼がつけたくなるドルチェコンドームって?
    商品を見る
    SKYNアイアール(5個入り)を購入する
    肌の柔らかさに極限近づけた『新素材IR』
    商品を見る
    すぐぴた1000を購入する
    コンドームに工夫!装着時間を最大短縮
    商品を見る
    夫婦生活の悩みにおすすめのラブシロップを購入する
    とろとろ塗り合って、そのまま舐めたり食べたり…!
    商品を見る
    LCインナーボールを購入する
    簡単!インナーボールで始める膣トレ
    商品を見る
    今以上の『気持ちいい』を、もっと磨きたい方におすすめのピンクポイントを購入する
    もっと敏感な体作りをしたい!
    商品を見る

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      


    カテゴリー一覧


    全記事一覧

    キスマークを残す男性心理は?つける場所と残す理由を解説!
    キスマークを残す男性心理

    部位別のキスマークをつける意味

    「『蝉附(せんぷ)」はいわゆる「寝バック」!イキやすいテクニックとは
    九通りのセックステクニック!その四 『 蝉附(せんぷ)』

    平安時代にも、女性のイキやすい体位があ…

    免疫力と匂いの関係
    免疫力の高い男は臭くない?

    免疫力の高い男は臭くない?良い香りがす…

    50歳で性欲があるのは変?
    50歳で性欲があるのは変ですか?[三松真由美のお悩み相談室]

    50歳で性欲があるのは変なのでしょうか…

    達磨返しとは!たのしい48手教室
    達磨返し

    抱え込むように愛される

    理非知らず、たのしい48手教室
    理非知らず

    両手、両腿を縛っちゃう!?

    色仕掛けの意味や具体的な方法とは?胸を押し付けるなど、男性が興奮する誘惑の種類
    色仕掛け

    効果的な色仕掛けの種類と方法

    彼氏が誘ってくれない…自分ばっかりになる理由や対処法
    彼氏が誘ってくれない

    求めてこない彼の心理

    付き合ってるか確認したい!告白なしの曖昧な関係をはっきりさせるには
    付き合ってるか確認したい

    告白なしで付き合うのはアリ?

    性嫌悪症とは?克服方法とパートナーとしての心構え
    性嫌悪(性嫌悪症)とは?

    セックスという行為に嫌悪を感じてしまう…

    どの場所でセックスしよう…おすすめの場所や注意点を紹介!
    セックスの場所

    場所にはどんな候補がある?

    ラブホデートの使い方&楽しみ方。男性と昼のラブホテルのデートで何する?
    ラブホデート

    彼氏との過ごし方や楽しみ方

    折角のデートなのに生理に…生理中でもデートを楽しむ方法
    生理のときのデート

    生理中のデートやお泊りを楽しむ方法

    彼氏が奥手でキスも無し…受け身男子で奥手な彼氏が手を出さない理由と、進展する方法
    彼氏が奥手

    奥手な彼氏と進展するには?

    友達の結婚式、披露宴や二次会で出会いの可能性はある?
    結婚式の出会い

    結婚式で出会いはある?

    食事中のカップル
    ホテルで、部屋で…エッチの前の準備、できてますか?

    ホテルで、部屋で…エッチの前の準備、で…

    キスだけで勃起する彼氏
    キスだけで勃起する

    勃起するほど感じるキステクニック

    何回目のデートでエッチする?理想のタイミングや男性の本音
    何回目のデートでセックスする?

    デートで初めてセックスするのはいつ?初…

    彼女を自宅に泊めるときの注意
    彼女を自宅に泊めたい!気遣うべき点をリサーチ♪

    自宅に泊めるときの注意点ってなに?自分…

    ラブホのコンドームってみんな使ってる?ラブホのゴムの注意点
    ラブホテルのコンドーム

    ラブホテルのゴムの使用率と注意点